治療コンセプト

獣医療は日進月歩。
まだまだ分かっていないことも多く、私たち獣医師も日々勉強を続けています。
昨今、インターネットを検索すると、動物たちの健康様々な情報が得られます。
その中には正しい情報もあれば、根拠のない情報もあります。
インフォームドコンセントとは、正しい情報を得た上での合意を意味します。
当院では専門の知識と責任を持って、動物たちと向き合い、オーナー様との対話を大切に、一緒に治療を組み立てていきたいと考えています。

 

対象動物

犬・猫・ウサギ・フェレット・モルモット・ハムスター・鳥

 

診察時間

※ 混雑緩和のため、2021年3月1日より完全予約制となります。来院の際は必ずお電話にてご予約をお願い致します。急病の場合は予約なしでも対応します。

※夜間診察は行っていませんので、緊急の場合は以下にご連絡してください。
兵庫ペット医療センター(東灘病院)  神戸市東灘区 078-412-0201(19:00~23:00)
北摂夜間救急動物病院 箕面市船場東 072-730-2199(20:00~6:00)

※アニコム、アイペット保険に対応しておりますので、窓口で精算が可能です。
その他の保険に入られている方は、別途対応させて頂きます。

往診

車がなくて病院まで連れてくるのが難しい、移動させるのがしんどそう…などお困りの際は、往診をさせていただきます。
予約制となりますので、お電話でお問い合わせください。

わんにゃんドッグ

おてがるコース、きほんコース、しっかりコースの3つからお選び頂けます
わんにゃんドックを受けて頂くことで、通常よりもお得に健診できます

おてがるコース
¥ 4,500-

血液検査(貧血や炎症、糖尿病、肝機能、腎機能)+尿検査

きほんコース
¥ 13,000-

~4歳からオススメ~
血液検査(おてがる+イオンのバランス、腎機能早期発見マーカー、腸・膵臓の病気、高脂血症)+尿検査レントゲン(胸部)+エコー(腹部)+心電図

しっかりコース
¥ 19,500-

~8歳からオススメ~
血液検査(きほん+甲状腺ホルモン)+尿検査レントゲン(胸腹部)+エコー(胸腹部)+心電図

初めてワンちゃんネコちゃんを飼われる方へ

ワンちゃんネコちゃんには予防できる病気が沢山あります。動物病院でできる予防を4つご紹介します。

混合ワクチン

混合ワクチンはワンちゃん、ネコちゃんがかかりやすく、かかると重症化する病気を予防するものです。
ワクチンに入っている病気の数によって、3種、6種、10種混合ワクチンなどと呼ばれています。ワンちゃんネコ

ちゃんの暮らしている環境や、一緒におでかけする場所によって必要なワクチンの種類は変わってくるので、獣医師と相談の上で決めてもらいます。

当院では子犬・子猫ちゃんがワクチンを打つ際、以下のことをしています。

  • 体温測定の際についた便で、簡易便検査を無料で実施しています
  • ワクチン接種の副作用のチェックのために、接種後15分ほど待合室で待機頂いてからもう一度診察しています

狂犬病ワクチン

狂犬病ワクチンは、1年に1回ワンちゃんに接種することが日本の法律で決まっているものです。
今日本に狂犬病はありませんが、万が一海外から狂犬病が入ってきた場合、日本全体で予防をしていないとあっという間に広がってしまう可能性があります。
当院では狂犬病ワクチン接種と同時にワンちゃんの市への登録(芦屋市、西宮市)もできます。

フィラリア予防

フィラリアは蚊にさされることによってうつる病気で、感染してしまうとフィラリアが心臓に寄生しワンちゃんが亡くなってしまう怖い病気です。
最近はネコちゃんでもフィラリア感染の報告が出てきていて、お散歩に行かない子たちでもオーナーさんと一緒に蚊が玄関から入ってきたりなどで感染してしまうと言われています。
月に1回お肉味のお薬を飲むか、お薬が苦手な子は首に垂らしてもらうスポット剤でも予防が出来るので、ぜひしてあげて下さいね。

ノミダニ予防

散歩に行くワンちゃんやお庭があるおうちでは、ノミダニの予防もオススメしています。ノミは皮膚炎になるだけではなく、条虫などの寄生虫がつく原因にもなります。ダニからは貧血や血小板減少症などかかると怖い病気になることもあります。ノミダニは人も刺すことがあるので、要注意です。
フィラリアとノミダニが1粒で予防できるお薬や1回飲むと3カ月効くお薬、また首に垂らすスポット剤もあるのでワンちゃんネコちゃんが予防しやすいやり方でしてもらえます。

去勢・避妊手術

全身麻酔をかけるのをご不安に思っていらっしゃる方も多いかと思います
当院では去勢・避妊手術のメリット、デメリットを十分にお話させて頂き、術前検査を受けてもらった上でご予約を入れてもらいます
また麻酔時間の短縮、縫合糸反応性肉芽腫を作らないようにするため、糸を使わない止血方法(シーリングシステム)もお選びいただけますので、ご相談下さい

手術前から退院・抜糸までの流れ

手術前
安全に麻酔をかけるため、術前検査を全員に行っています

手術前日
お食事は夜ご飯まで与えて下さい(0時までに)

手術当日
・朝から絶飲食または朝7時までに処方した液体食を与えて下さい
・12時までにご来院ください
・手術は13~16時の間に行います
・去勢手術は18時~19時までの間に退院です(日帰り)

手術翌日
・避妊手術は退院です(1泊)
・帰宅後、傷口をなめないようにカラーまたは術後服をお勧めします
・抜糸が済むまでは傷口が汚れたり、水にぬれたりしないように
・お散歩は控えめにしてください

抜糸
・10~14日後に抜糸にご来院ください(要予約)
・シャンプーは抜糸後、3日間は控えて下さい

退院後の注意事項

・抗生物質のお薬を5日間お出しします
 ※飲み薬が苦手な子は注射も出来るのでご相談ください
・去勢・避妊手術後は体質の変化により太りやすくなるのでフード変更をお勧めしています
 ※手術前日までにお渡しするフードサンプルを試しに与えてみてください

ネコの診察

病院が苦手なネコちゃんにも安心してきてもらえるように、当院では以下の取り組みをしています

  • 猫優先待合スペースの設置
  • ケージの目かくしに使って頂く用のブランケットのご用意
  • 猫専用の入院舎(ペットホテル)
    ※犬舎と場所が離れているので、ワンちゃんの声はほとんど聞こえません
  • 診察室にフェリウェイ(猫ホルモン)を常置

シニア犬

獣医療の発展にともない、長生きのワンちゃんが増えています
そんな中、ワンちゃんの介護やお世話に悩まれる方も多くいらっしゃいます

当院では「ペット介護士」の資格を持ち、高齢犬の介護を数多く経験したスタッフもおりますので、お困りの際はご相談下さい