猫の変形性関節症・変形性脊椎症って?

こんにちは😃
いよいよ真冬の寒さが到来、寒い毎日ですね⛄
今回はねこちゃんの変形性関節症・変形性脊椎症についてご紹介していこうと思います🐱

変形性関節症とは関節が炎症などにより変形してしまい、体を動かすと痛みがでてしまう病気です💧
また変形性脊椎症とは背骨が変形し、脊髄神経を圧迫して痛みが出る病気です💧

ねこちゃんの場合、わんちゃんよりも痛みの症状がわかりにくいと言われています😣
では痛みがあるねこちゃんは一体どんな様子になるのでしょうか?
以下にあてはまる症状がないかチェックしてみて下さい👇

🌼変形性関節症・変形性脊椎症でよくみられる症状🌼

・爪とぎをしなくなった
・ジャンプをしなくなった
・トイレの外でウンチやおしっこをするようになった(そそうをすることが多くなった)
・グルーミングの頻度が減った
・身体を触ると嫌がったり、うなるようになった
・怒りやすくなった
・あまり遊ばなくなった
・隠れたり、警戒したり、逃げるようになった

このような症状にあてはまる場合は、ねこちゃんが何らかの痛みを抱えている可能性があります😥

12歳以上のねこちゃんの70%以上が変形性関節症・変形性脊椎症を持っていると言われています😿
また猫種によってこの病気のなりやすさが違います😲

🌼変形性関節症・変形性脊椎症になりやすい猫種🌼

1位 スコティッシュフォールド
2位 日本猫(雑種猫)
3位 アメリカンショートヘア
4位 チンチラ
5位 ロシアンブルー

(NU-ANMECの調査の結果)

おうちのねこちゃんに気になる症状の子がいれば、お気軽に当院までご相談下さい💓

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です