YouTubeはじめました!

こんにちは🙂
コロナウイルスに大雨にと大変な毎日ですね💦
みなさんお元気にされていますか?

このたびYouTubeを始めました😁🙌
記念すべき1回目は

「無麻酔での歯石除去はオススメしません」

です💕
歯石が気になるわんちゃんねこちゃんはぜひご覧ください🐶🐱

今後も随時配信していく予定ですので、見たいテーマがあれば教えて下さいね😍

以下に内容を載せておきます😉

今日は私が患者様からよく聞かれる質問・・・麻酔なしで歯石ってとれますか?
という疑問に答えていこうと思います。
結論から先に言うと、基本的には無麻酔での歯石除去はおすすめできません。
日本小動物歯科研究会が発表している見解にそって、理由を説明していこうと思います。

理由は大きく4つあるので、順番にお話していきますね😊

理由その①
訓練を受けていない人が歯の表面の歯石だけをとると、歯の表面は細かい傷でデコボコしてしまいます💦
そうすると余計に歯垢がつきやすくなり、二次的に歯周炎を起こしやすくなってしまいます😱

理由その②
歯石除去で使う器具をハンドスケーラーと言います🙌
ハンドスケーラーは先端に刃物が付いていて滑りやすく、ワンちゃんネコちゃんが動くと舌や口腔粘膜を容易に傷つけてしまいます💦
また歯がグラグラしている状態で歯石を取ろうとすると、歯根を残したまま歯が折れてしまったり、あごの骨を折る危険もあります😰

理由その③
歯石が付いている子は歯周炎を起こしているので、歯肉ポケットまでキレイにする必要があります😐
歯石をとるだけでは、一見きれいになったようには見えますが、治療にはなっていないんですね💦
歯周ポケットの汚れを取ろうと思うと、出血や痛みを伴うので、麻酔なしではかわいそうですし、動物たちにとってはすごく恐怖ですね😢

理由その④
上あごの奥歯はかなり口の奥なので、口を開けたままじっとしなければ歯石を除去できません💦
無理にすると唾液腺を傷つけてしまう可能性もあり、危険です😟
また下あごの歯は内側に歯垢が付きやすいのですが、そこには舌があり、舌下には太い血管や唾液腺があるので無麻酔ではなかなかアプローチできません😨

もちろん動物の健康状態によっては麻酔がかけられないこともあると思います。
健康であっても100%安全な麻酔は存在しません。
しかし麻酔をかける前にきっちり検査をし、問題がなければ安全な麻酔をかけられることがほとんどです🙂
特に歯石除去の場合は麻酔をかけた方がメリットが大きいと思います🐶🐱
ちょっと専門的なお話もあり、難しい部分もあったかもしれませんが、何か疑問点があれば当院までご相談下さい🌟

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です